フライト時間だって絶対無駄にしない!国際線フライトの楽しみ方と過ごし方

国際線フライトとなると、距離が長くなればなるほどフライト時間が長くなるのも当然です。そんな退屈しがちなフライト時間の楽しみ方とおすすめの過ごし方をご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

フライト時間での過ごし方はエンターテイメントとプラン立てで!

国際線フライトでの基本的な過ごし方、まずは、エンターテイメントで楽しみましょう。これは国際線だからこそ楽しめるものですよね。今はまだ日本では上映していない映画もいち早く見ることができます。

そして、飽きたら洋楽や邦楽が聞けるので、それを聞き、ちょっと飽きたらゲームをということをしていれば、あっという間に数時間はつぶれてしまいます。もうちょっと価値のあるフライトでの過ごし方をしたいという方の場合は、旅行や出張で海外へ行くのであれば、まずは旅行計画を立て直したり、資料のチェックをしましょう。

どれも意義のあることです。特に、旅行計画に関しては、まずは空港に着いてからどのようにホテルまで移動しなければいけないのかを再確認することはマストです。そうすることで危険も回避でき、スムーズに移動ができるというメリットがあります。

それからその後の行動についても、本当に今持っているプランが効率よく回れるのか、何かお得な方法はないかなどをもう1度調べてみましょう。旅行をもっと楽しくする術となります。

フライトでは普段できないことを楽しまなきゃ損!

フライトでしかできないことを楽しむのが、フライトを楽しむ方法の1つです。先述したエンターテイメントももちろんそうです。最新の海外ドラマや映画を楽しむことができるのも国際線の醍醐味ですよね。

それ以外にも、国際線といえば、lcc以外は必ず機内食が出ます。機内食が余っていたらお代わりをもらえるのを知っていますか。大体どの航空会社も2種類以上機内食を用意しているので、余っていたら、最初に食べたものではないものを食べてみてはいかがですか。

そして、国際線のビールやワインも楽しみましょう。日系航空会社であれば日本のビールがメインとして出ますが、それぞれの国の航空会社で、国のメインのビールが出ますので、それを楽しみましょう。

機内には、わかりづらいですが、キッチンスペースのサイドに週刊誌や新聞紙が用意されていることがあるので、それを読みながら無料でお酒を楽しみましょう。

他には普段時間がない方はフライト時間で、持ってきた本を読んだり、普段は時間がなくて考えられない将来やりたいことなどをメモするなんて言うのも有意義なフライトの楽しみ方です。

長い時間のフライトを快適に楽しむ方法とはどんな方法があるか

飛行機に乗ると、長距離フライトの場合1つ困るのがフライト中の過ごし方です。短いフライトであれば、雑誌などを読んでいればすぐに過ごすことができますが、長距離フライトとなるとそうはいきません。そこで長距離フライトを快適に過ごすための方法を教えたいと思います。

機内のエンターテイメントのある会社を選択すると楽しく過ごせる

飛行機の中で、楽しく過ごすために活躍をしてくれるものの1つが機内エンターテイメントです。テレビや映画などを見ていれば、長い時間のフライトでも楽しく過ごすことができます。そこで1つポイントになるのは航空会社の選び方です。
飛行機の機内エンターテイメントは、航空会社によって設置されているところと設置されていないところがあります。機内設備は、航空会社によって異なっているので、利用する前に利用予定の航空会社にどんな機内エンターテイメントがあるのかを調べてから便を選択するのも1つの方法です。
日系の航空会社であれば、格安航空会社を除いてほとんどの路線において機内モニターが設置されています。このためモニターを見ながら自分の好きなテレビや映画を選ぶことができます。海外の航空会社でもこのようなモニターが付いているところが多くありますが、内容が日本人向けではなかったり、日本語のエンターテイメントがないケースもあります。

自分でエンターテイメントの道具を持ち込んで楽しむ方法

近年飛行機の中でもインターネットが利用できるようになり、機内での楽しみ方が変わってきました。インターネットを利用すれば、自分の好きな動画を見ることもできますし、ネットを使って情報を調べたりすることもできます。

航空会社においても、各個人持ちのパソコンやスマートフォンに、エンターテイメントを提供するシステムを採用しているところが増えています。USB端子や個人コンセントなども設置されているので、長時間のフライトであってもバッテリーを気にせずに楽しむことができます。

他には、機内販売で限定品を購入すると言うのも楽しみ方の1つです。飛行機の機内ですか購入することができないような商品を販売していることがあり、国際線であれば免税価格で購入することができます。

飛行機の機内にはこのような機内販売の雑誌が必ず搭載をされているので、このような雑誌を見ながら商品を物色するのも楽しみ方の1つです。機内雑誌には、到着地のお得な情報や見所などが掲載されていることもあるので、こうしたものを読んで情報収集するのもよいです。

国外航空券を利用した旅行について

ソウルやホノルル、グアムなど国外航空券を使って旅行する海外旅行は、いつでも人気があり航空券の予約も混雑する事が予想されます。特に、ゴールデンウィークなどの大型連休や、夏休み期間中、年末年始は海外移動組などと呼ばれて、テレビで報道されているのを各シーズンごとに観ているような気がします。

それだけ多くの日本人が国外へ出発し、旅行を楽しんでいると言うことだと思います。国外航空券にも格安航空券があり、出発日時や時刻、座席のグレードによって若干の料金の変動があるもののお得に空の旅を楽しむ事が出来ます。

フライト時間が短い、または許容範囲であればエコノミーで十分で、料金面でも一番安く国外航空券を入手する事が出来ると思います。旅行先にもよりますが、フライト時間の確認は重要なポイントになると思います。

ダイナミックツアーを販売する

最近では航空券と、現地でのホテル料金をセットにしたダイナミックツアーを販売する格安チケット業者も多く、海外旅行をもっと便利に手軽に感じることができます。ホテルはいくつかの候補から選べることが多く、ホテルにより、セットの料金が若干変動することもあるようです。

1000円前後の利用

個別に予約した場合よりも、1000円前後安く利用出来る事が多く、自分でホテルの手配をしなくても良いので大変便利だと思います。こうした格安飛行機の購入はインターネットや電話を利用して申し込む事が出来、空席や空室案内も24時間リアルタイムで確認することができます。

仕事で忙しい時や、帰宅時間が遅くなっても、自分の空いている時間に格安航空券を探すことが出来ます。自分のスケジュールに合いそうな航空券が見つかったら、そのままインターネット上から予約をすることも可能です。

急に決まった海外出張や、友人の海外挙式などにも対応する事が出来るので、どんなシーンでも活用することができます。格安航空チケット会社では、格安チケットを販売するだけでなく、日替わりセールを行ったり、期間限定で特定の地域への航空券が半額になるなどの、さらなるお買い得セールを行っているところがあります。

こうしたセールの内容には、レンタカーの予約も同時に出来たり、WiFiが利用できる端末の貸し出しや、旅行保険への加入もスムーズにできるなど、さまざまな特典が含まれています。通常個人で旅行する場合に比べると、かなり料金面で安く格安航空券を入手する事が可能となります。国外航空券に限定してみても、じっくりと比較検討したくなる内容となっています。